Backlog World 2021でプロジェクト管理ツールの夢の相互乗り入れ実現

Japan Backlog User Groupが年に1回開催する、プロジェクトに関わるすべて方のための祭典、「Backlog World 2021」が2021年3月13日に、オンラインで無事に開催されました。

石倉 秀明さんと沢渡 あまねさんによるビッグな2本の基調講演に加えて、数々の良質なコンテンツで、6時間という長丁場もあっという間に過ぎていってしまいました。言葉には尽くせないほどのインプットの機会を得られることができたのは本当に幸せなことです。

そんな多彩なコンテンツの中で、個人的に一番楽しみにしていたのは、「Redmine x Backlogツール対談」。Redmineエバンジェリストとして多方面で大活躍されている門屋 浩文さんと、Backlogユーザの立場からヌーラボさんに転職してしまった河内 一弘さんという二代巨頭が、RedmineとBacklogというプロジェクト管理ツールの違いを乗り越えて対談するという企画が発表された時には、これは絶対に聞かなければ! と思ったわけです。

世の中にプロジェクト管理ツールと呼ばれるものはたくさんあるわけですが、その中でもRedmineBacklogは、それを支えるユーザの方々の熱量が半端なく高いことで定評があります。もちろんそれぞれのツールの違いはありますし、良いところ、これから改善するべきところ、それぞれのコミュニティが持っている独自の文化があります。その違いを認識した上で、対談としてどういう方向性に流れていくのかにとても興味を持っていました。

というのも、私が現在参画しているプロジェクトでは、チームの課題管理と進捗管理にはBacklogを使い、AWSリソースを中心としたリリース管理にはRedmineを使用しているという、ハイブリッド形でのプロジェクト管理をしているから。お互いを日々試行錯誤しながら活用しているだけに、2つのツールをよく知る方達がコラボレートすることで、どういうソリューションが生まれてくるのか、これを楽しみと言わずしてなんというか、まさに「夢の相互乗り入れ」実現です。

対談自体は、それぞれのルールの特色や使い方のポイントなどに触れつつ、互いの違いを理解し合うというところから始まったのですが、ここから一気に本論の部分に。それは、「プロジェクトマネジメントをプロジェクトに関わる全員にいかにして根付かせていくか」という点。

これ本当に忘れがちなんですが、この手のお話になるとツール論に行きがち。けれども本質の部分って、ツールはあくまでもプロジェクトをみんなで管理していくための手段であって、目的ではないんですよね。こう書いてしまうと当たり前じゃないかと思われるかもしれないのですが、こう書いている自分でさえも忘れてしまう。

で、プロジェクト管理をみんなのものにしていくために、この対談の中でフォーカスされたポイントとしては、以下の点が挙げられたのではないのかなという認識でいます。

  • 情報の集約化と可視化をすることが、結果としてプロジェクトをセルフマネジメントしてプロジェクトを成功させるための大事なアプローチとなる。
  • 各々の苦手な部分をチケットとしておくことで、その人の能力を補完してくれる。
  • 記録にきちんと残す、記録にきちんと残るという活動や考え方が、プロジェクトの過程を振り返るときに重要な基礎となってくれる。

ツールに拘らず、この根っこの部分をチケット駆動型のプロジェクト管理活動の基礎と捉えて、日々意識しながらタスクをこなしていかないと、チケット化することが目的になってしまったり、せっかくのチケット管理ツールの良いところが削がれていってしまったりと、なかなかうまく立ちいかなくなることが往々にしてあるわけで、この根底の部分は、改めて意識して、インプットさせていただいた内容を、現在のプロジェクトにフィードバック(これも大切なことです)していかなければいけないなぁということを強く感じたのでした。

対談時間は30分間だったのですが、本当にあっという間でした。まだまだ聞きたいことはあるし、ツールの垣根を超えて相互理解しながらベストプラクティスを模索していくためには、もっと時間が欲しいですし、1対1の対談でなくて、話が発散しない程度に2対2くらいで継続してこのテーマに絞ってお話を深めていく形でもいいかもしれませんね。

逆にRedmineのコミュニティの中で、どのようなお話がされているのかという興味も湧いてきました。

決してネガティブにならすに、ポジティブな方向で終始お話を進めてくださった門屋さん、河内さんには本当に感謝しています。お話伺っていて気づきや同意が多く、これだけでご飯3杯くらい食べられるんじゃないかという気持ちになりました。

本記事では対談にフォーカスして書きましたが、Backlog World 2021、本当に素敵なカンファレンスでした。運営してくださった皆様に感謝しているとともに、プロジェクト管理に関して何かしらの課題を感じている方々が、このようなカンファレンスや勉強会を通じて何かしらの気づきを得られるという裾野が、少しでも広がってくれるといいなと思っています。

vlayusuke について

Violaを弾く。千葉県の東の端の方にある街のオーケストラで活動中。 好きな街は、Berlin、München、Wien、Barcelona、福岡、神戸、芦屋、金沢、横浜。
カテゴリー: 未分類 タグ: , , , パーマリンク

Backlog World 2021でプロジェクト管理ツールの夢の相互乗り入れ実現 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: redmineガチ勢が #BacklogWorld で登壇し旅の仲間を見つける | マドびっ! Madosan's View

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください