脇田もなり “RIGHT HERE” ツアーファイナル&ソロ3周年!@渋谷クラブクアトロ

やっぱり脇田もなりさんってすごいよ! 素晴らしい歌声を素晴らしいタイミングで聴かせてくれる!

というのが第一印象に残ったライブでした。

ソロ活動を開始してからちょうど丸3年。3年という区切りは一般的にもとても大切で、これからの活動を継続していくか否かも左右するような大事なタイミングでのツアーファイナルライブ。

このツアー、福岡でのステージも聴きに行ったんですが、正直なところを書くと、あれ? なんかちょっと調子悪い? というか、空回りしそうになってる? という不安感を前半に感じていたんですよね。後半からはすごい勢いで盛り返していたので、最終的には安心したのですが。

そんな経緯もあって、ファイナルがどういう形になるかはほんの少しだけ心配していたんですよ。けれども、杞憂でしたね。

脇田もなりさん(左)

1曲目の「風船」からとにかく歌声が通る通る! ホーンセクションが入ることでバックバンドの音にも厚みが加わったのですが、それに負けないくらいの声量と伸びやかさ、単純な力強さだけではないしなやかさが加わったと思っています。

個人的に一番圧巻だったのは、Key.にDorianさんを迎えた「WHERE IS…LOVE?」スロウでメロウな要素も盛り込まれた楽曲なので、より歌い手の表現力が求められると思うのですが、これを丁寧に、かつエモーショナルに歌い込む姿には本当に吸い込まれるようでした。あ、求めていた脇田もなり像がどんどん進化している! というのを強く感じたのでした。

もしかしたら、もう僕らの想像を越えてどんどん突き進んでいってしまうのかもしれない。ラストの「passing by」には明らかに自分の進みたい道を進もうという強い意志が現れていたと思います。

これまでデビューからの3年間、彼女の活動を応援していく中で一番素敵なライブだったんじゃないかなぁ。心から彼女や、バンドメンバーの皆さんや、集まってきたファンの皆さんと同じ空間を共有できることをとても楽しめたライブだったと思っています。

4年目も彼女は色々な挑戦を考えているようで。。。きっと進もうとしている道は間違えていないと思うので、これからも支えていきたいですね。

あ、あと、オールスタンディングのライブに初めて娘を連れていきました。開演前、終演後に色々なファンの皆さんと挨拶させていただいたのですが、皆さんとてもフレンドリーに接していただけたことにとても感謝しています。だいぶ現場の雰囲気に飲まれていたみたいだけれども、娘なりに楽しめたらしいので、親バカだけれども、一緒に聴くことができてよかったなぁと。

脇田もなりさんの4年目の活動に、素敵な出会いがたくさんありますように。

vlayusuke について

Violaを弾く。千葉県の東の端の方にある街のオーケストラで活動中。 好きな街は、Berlin、München、Wien、Barcelona、福岡、神戸、芦屋、金沢、横浜。
カテゴリー: 未分類 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください