鞄の中身を出しをしてみた2019

よく読んでいる赤穂あすなさんの「みんな大好き鞄の中身だしをするよ!!! 2018年秋版。 | ハニカムログ」を読んで、ちょっと僕もやってみるかねってことで、やってみました、最近の通勤鞄の中身出し。

どん!

前提

  • 43歳男性
  • 基本的にノートパソコンを持ち歩いている
  • 記録魔である
  • セキュリティに絡みそうなものはあえて除外

鞄そのもの

春頃まではリュックを使っていたのですが、通勤電車の中では何かと不便なことも多く、いつの間にやら訳のわからないもので埋まっていたり、取り出しに時間がかかったりしていたので、Loftオリジナルのショルダータイプの鞄に買い換えました。世の中の流行りとかあまり気にしない方なのですが、街を歩いていると同じような鞄を使っている人、よく見かけますねぇ。

ファスナーについているタグはBerlin好きの人なら誰でも知っているDie AmpelmannのANAコラボバージョン。多分白金高輪のお店に行けば今でも売っているんじゃないかな?

鞄の中身

MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018)

これ常に持ち歩いていないと物足りない気分になってしまうので、どこへいこうが常に持ち歩いています。今年の3月にMacBook(Retina, 12-inch, 2015)から買い換え。

特に、最近は朝方生活に移行していて、しかも自宅ではのんびりしてしまって作業ができないということと、ヘーシャがBYODなので、基本的に仕事がらみの連絡もプライベートがらみの作業も朝の電車通勤前(たまに通勤中)にこれでこなしてしまいます。旅先にももちろん持っていきます。本気で必需品。

愛すべきヌーラボさんのプロダクトの公式ステッカーと、やはり愛すべき脇田もなりさんの”I am ONLY”アナログ盤発売時にいただいたステッカーを貼っています。MacBook時代はもっとごちゃごちゃ貼っていたのですが、買い換えをきっかけにちょっと少なめにしました。

手帳

断然Rollbahn派です。プロジェクト中心で動いているので、プロジェクトが変わるたびに買い換えています。これまではリングタイプの手帳を使っていたのですが、左利きであるがゆえ、何かとメモ書きしにくいことが多いので、今年からノートタイプに切り替えました。スケジュール管理はOutlookとmacOS標準のカレンダー.appで行なっているのと、タスク管理としてBacklogを超愛用しているので、打ち合わせ時などの手書きメモ中心になっています。

書籍

仕事に必要な書籍は厳選して、どこでも開けるように持ち歩いている派です。技術書がほとんどですが、あまり高度な内容よりも、どちらかというと汎用性が効くように基礎的な内容のものを持ち歩いていることが多いです。書籍はコロコロ変わりますが、今はたまたまAWSのもの。後ろのムック本は”WORK MILL“の特集本。業界柄、自分のモチベーションを保つために持ち歩いている感じ。

オーケストラスコア

趣味で、アマチュアオーケストラでViolaを弾いていますが、練習する時間が限られているのと、音源を聴くときの参考というか、字引き的に使うことが多いです。特に新しいシーズンが始まった時にはこれが大活躍します。他のパートがどんな旋律を弾いたり吹いたりしているのかは、曲を理解していく上でとっても大事なことなので。

ちなみに写真に載っているのは先日演奏会が終わったばかりの”ブラームス 交響曲第1番 ホ短調 作品68″のスコア。今月中には新しい曲のスコアに切り替わります。

お財布

札入れと、今どき小銭入れ用のがま口の両方を持ち歩いています。札入れはどこのものだかわからないのですが、亡くなった父が使っていたものを形見分けとしていただいたので、それをなんやかんやと使い続けています。使い始めてもう7年くらいになるのかなぁ。

がま口は、香取市佐原の植田屋荒物店で購入したオリジナルのもの。鳥獣戯画をモチーフとしたデザインが気に入っています。タクシーの中でごそごそと取り出したら、運転手さんからとても珍しがられたことも。

と、まぁこんな感じです。

世の中の中年男性って、鞄に何を入れて通勤しているんだろう? 人それぞれだとは思いますが。

たまにパンパンに中身の入った書類ケースを重そうに持っている人がいますよねぇ。気になる。

vlayusuke について

Violaを弾く。千葉県の東の端の方にある街のオーケストラで活動中。 好きな街は、Berlin、München、Wien、Barcelona、福岡、神戸、芦屋、金沢、横浜。
カテゴリー: 未分類 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください