Me ,Myself and I ~ 脇田もなりのVALENTINE LIVE@VIVID SOUND STUDIO

今年のライブ初めも脇田もなりさんになりました。VIVID SOUND STUDIOでのライブは、キャパが少ない分リラックスして聴く事ができるので好きなんですよね。

そして楽しみなのは「脇田もなりのハイボールアワー」。お酒が大好きな彼女が自身でハ

脇田もなりさんお手製の角ハイボール

脇田もなりさんお手製の角ハイボール

イボールを作ってファンに振る舞ってくれるというちょっとしたイベントなんですが、初めての経験でした。彼女の作ってくれた角ハイボールはお酒の弱い僕でもなぜか美味しくて、飲み会でも1杯飲む程度なのに、ついつい2杯飲んでしまったという。あ、もちろん薄めでお願いしたのですが。

本編のライブは「ディッピン」でスタート。ライブやイベントで聴くたびに、彼女の声量や声の質がどんどん変化していることに驚きを隠せません。彼女の身体のどこからこんなに豊かな声量が出るんだろうと考えてしまいます。マイクなしでシャウトとかできてしまうんじゃないでしょうか。声の質としては彼女の好きなYUKIさんやBonnie Pinkさんを意識しているんじゃないかと思うのですが、個人的には元PSY・Sのチャカさんに通じるものがあるんじゃないかと考えています。

2回目の「脇田もなりのハイボールアワー」を挟んで後半はギターを持って登場。彼女がギターを練習している姿はInstagramで見ていたので、いつか披露してくれる機会に恵まれるのではないかと思っていましたが、念願がかないました。

前述の通り、歌が武器で持ち味なのはもちろんなのですが、楽器を手にすることで、でき

ギターを手にするもなりさん

ギターを手にするもなりさん

ることの幅って、アマチュアで楽器を手にしている立場から見ると、世界がぐんと広がる気がするのです。他のアーティストさんのカヴァーができるのはもちろん、コード進行を覚えていけば作詞だけでなく作曲にも挑戦することができます。すでに彼女の歌う楽曲には様々なジャンルのエッセンスが含まれているので、それをバックグラウンドにして面白い曲を作り出すことだっていつかはできるでしょう。まだギターは習い始めってことですが、これからがとても楽しみです。

最後は「祈りの言葉」と「夜明けのVIEW」でしっかりと歌声を聴かせてくれて本編終了。会場の雰囲気も暖かなことも相まって、じっくりと楽しむことのできるライブになりました。

様々なチャンスをひとつずつものにして、歌い手として、アーティストとしてぐんぐん成長していく脇田もなりさんの姿を見ることができるのは本当に幸せですね。もっともっと上手くなって欲しいなぁ。

vlayusuke について

Violaを弾く。千葉県の東の端の方にある街のオーケストラで活動中。 好きな街は、Berlin、München、Wien、Barcelona、福岡、神戸、芦屋、金沢、横浜。
カテゴリー: 未分類 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です