MacBook 12-inchのトップカバーを修理

MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)は今や必携のツールとなっています。朝の通勤電車の中でのルーチンとなっているメール書きはもちろんのこと、現在勤務している会社はBYODが基本なので仕事にも使いますし、プライベートでは所属している市民オーケストラのWebサイトのメンテナンスにも使います。

そういうわけで、かなりバリバリと使っていたのですが、半年前あたりから、どこか特定のキーが効かなくなっては元に戻るという状況が繰り返して発生し、その度にちょっとおかしいなと気になってはいたのですが、よりによってパワーオンキーが動作しなくなり、何かの拍子に誤ってFinderから「システム終了」を選択してしまい、起動しない! という状況に。

こういう時はパワーマネジメントに関わる部分に問題があるのだろうという勘が自動的に働いたので、まずは「MacのSMC(システム管理コントローラ)をリセットする – Appleサポート」に従って、「左shift + option + control」キーを押しながらパワーオン。しかし起動せず。MacBookのトップカバーについてはパワーオンキーとその他のキーとは別回路になっているという話は聞いていたので、これはもう、トップカバーになんらかの問題が起きたな、と思い、同様の現象を探してみたところ、「MacBook (Retine, 12-inch, Early 2015)が起動しない! | Mac弁@lawyerhaluのブログ」と全く同じことになっておりました。

ああ、修理か。。。と思いつつ、1勤務先から一番近いApple Store  表参道のGenius Barを予約。

で、うんともすんとも言わなくなったMacBookを電源から外してしばらく放置し、再度接続してからSMCコントローラのリセットをしたところ、何故か起動! よくわからん。。。何れにしてもトップカバーの問題の確率が限りなく100%に近くなったことは確実。

後日、Apple Store 表参道へ向かい、Geniusの方に一通り遭遇している事象と切り分けの経緯を伝えて、診断に。command + D起動ではハードウェアの故障は検出されず。そしてシステム終了後のパワーオンキー押下で起動しないことも確認。これは確実にトップカバーがやられちゃってますね。と。

トップカバー交換前のMacBook(Retina, 12-inch, Early 2015)

トップカバー交換前のMacBook(Retina, 12-inch, Early 2015)。預け入れ前にTime Machineで直近のBackupを取得。

ただMacBookがメインマシンとなっているので、使えないと困りますよね、とGeniusの方が言って、スタッフルームへ引っ込みました。中を開いたりする時は大概奥に引っ込むので、何かしらをやっているんだろうな、と思いながら待つこと数分。起動したMacBookが登場。何気なく聞いてみたところ、やはり強制的に放電を行なったそうです。これで、システムを終了させない限りは曲がりになりにもMacBookは使える状態にはなりました。部品取り寄せができればGenius Barでの修理が対応可能ということなので、その手続きをしてもらい、部品入荷後に再来店ということで、その日は終了。

そこから数日して部品入荷の連絡が入ったので、まずはApple Store 表参道近くのStarbucks Coffeeで直近のBackupを取得。トップカバー交換でSSDの中身が消えるということはあり得ませんが、念には念を入れて、ということで。その後Apple Storeに移動してMacBookを預け入れました。予定では2〜3日間の修理時間は必要ということなので、自宅に代替環境もできたことだし、仕方がないでしょうということで、預けて待つことに。

トップカバー交換後のMacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)

トップカバー交換後のMacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)。キーボードまで綺麗に。

所用を少し済ませて夜に帰宅したのですが、帰宅直後に「修理が完了しました」というメールが! なんだ、即日修理できるんじゃん! ということで、修理引き取りの場合は事前にGenius Barを予約しなくても受け取ることができるので、翌日にまた表参道まで出向き、実質24時間でMacBookが綺麗な状態で手元に戻ってきました。めでたしめでたし。

可搬性を重視して、稼働部品ができる限り少なくて軽量なものを、ということでMacBookを選択したのですが、稼働部品が少ない分、トップカバーには全体として重量の負荷がかかりやすいそうです。なので、ハードカバーをつけるだけでも負荷は軽減されますよ、とのこと。

Genius Barでの対応に関しては色々な意見を聞きますが、今回のケースでのApple Store 表参道のGeniusの方の対応は、皆さん完璧だったと思います。待ち時間のコントロールや問題の切り分けと対応案提示の速さ、Macが使えないというリードタイムをできるだけ少なくするための納期調整まで、的確にやっていただくことができました。全国の Apple Storeで行なっているかどうかはわかりませんが、表参道ではGnius Barでの対応までに時間がかかることが見込まれる場合には、チェックイン時に伝えた携帯電話番号に、対応時間になったらSMSを送ってくれるサービスをしてくれるので、店内でぼんやり、ではなく、待っている間に別の用事を済ませることもできました。

気軽に持ち歩けるからこそ、大事に扱うことを心がけなければいけないですね。自分の使い方に一番フィットしているものなので、その分だけ丁寧に取り扱うように工夫をするようになりました。

 

vlayusuke について

Violaを弾く。千葉県の東の端の方にある街のオーケストラで活動中。 好きな街は、Berlin、München、Wien、Barcelona、福岡、神戸、芦屋、金沢、横浜。
カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です