東京女子流 : TOKYO GIRLS’ STYLE 5th Anniversary LIVE -キラリ☆ into the new world-

東京女子流の存在自体はデビュー当時から既に知っていて、TVアニメのエンディングテーマ曲(いわゆる「はなかっぱ3部作」)を通じて自分よりも家族の方が詳しくなっていた状態だったのですが、今年に入ってから自分も少しずつ聴き始めて、混沌のさなかでひとつ頭を飛び出したスタイリッシュな印象を感じるようになり、これ結構いいんじゃないの? とか思うようになり始めました。もう完全に、とある御人の思う壺になっています、はい。

そういうわけで、自分にとっての東京女子流ライブの初デビューと相成りました。

TOKYO GIRLS' STYLE 5th Anniversary LIVE -キラリ☆ into the new world- 開演前

TOKYO GIRLS’ STYLE 5th Anniversary LIVE -キラリ☆ into the new world- 開演前

誰が推しなのかとか、そういうことは脇に置いておいて、まずは彼女たちの5年間の足取りを追いつつ、その集大成を生で俯瞰してみようというのが主な目的でした。そんなに音源を聴き込んでいなかったこともあって、割と初見的な要素も強かったです。

それでもですね、5周年記念という割にはシンプルな舞台セットが、逆に彼女たちのパフォーマンスを際立たせてくれたというか、5人とも歌唱力がブレないことや、ダンスもきっちりとキレがあって、観ていてグイグイと引き込まれるような感覚がありました。なんか全体的な安定感というか、バランスがきちんととれていて、下手にヒヤヒヤするような隙がないんですよね。冒頭の「Never ever」から「加速度」への繋ぎで既にテンション上がりっぱなしでした。それでいて、「ゆうやけハナビ」のようなほっこりとさせてくれるような感じとか、「追憶」のように歌をしっかりと聴かせてくれるところとか、緩急の付けどころが上手いなぁと思いました。

「脱アイドル宣言」の話が某新聞に取り上げられたことで、一部のファンからは物議をかもしたようですが、新参の人間が新参でライブを観た、その視点として、いやもう普通に「ダンス&ボーカルユニット」でいいじゃない、という印象を持ったのは確かです。あとは応援する側がどう捉えるかの問題であって。逆にその話題があってからきちんとしたライブを観たので、すんなりと入っていけたのかもしれないです。

商業的なメジャー路線に無理矢理進もうとしなくても、今のパフォーマンスを維持しつつ、知っている人はちゃんと知っている、聴いている人はちゃんと聴いている、というような形で進んでいけば、仮にアジア圏に活動の拠点を広げていったとしても、結構受け入れられるんじゃないでしょうか、というのが私見です。

5周年を迎えてメンバーの結束もより固まっているみたいですし、次の5年間のことを既に見据えていると思うので、これからの活動にも期待できるような単独ライブでした。なんか、すごく充実してました。

セットリスト :

  • Never ever (TJO & YUSUKE from BLU-SWING Remix)
  • 加速度
  • Mine
  • 月とサヨウナラ
  • 鼓動の秘密
  • ゆうやけハナビ
  • きっと 忘れない、、、
  • Rock You!
  • W.M.A.D
  • Attack Hyper Beat POP
  • おんなじキモチ
  • 大切な言葉
  • ちいさな奇跡
  • Say long goodbye
  • 追憶 -Single Version-
  • Liar
  • existence
  • Limited addiction
  • Partition Love
  • Count Three
  • キラリ☆
  • A New Departure

vlayusuke について

Violaを弾く。千葉県の東の端の方にある街のオーケストラで活動中。 好きな街は、Berlin、München、Wien、Barcelona、福岡、神戸、芦屋、金沢、横浜。
カテゴリー: 未分類 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください