Architecture. Music Trip Architecture Blog

■ T's Room Furniture

□ Impression

私と、2004年5月に結婚して同居する妻の新居の家具を選定するにあたり、少しでも気持ちのよい空間を作るための主役となるものを設置していこうということで、友人でもあり、設計事務所「studio sync」を主宰している建築家、鈴木茂雄さんに設計をお願いした家具4点です。

家具の製作にあたり、私と妻が抱いていたイメージは2点ありました。主に私は「できるだけシンプルであること」、妻は「木材を使った暖かみのあるもの」。図面を含めた頻繁なメールのやり取りと、オフラインでの打ち合わせを繰り返すこと約3ヶ月、この2点のイメージを見事に具現させてくれた家具が納品までたどり着きました。

mek :: ダイニングテーブル

約6帖ほどのダイニング・キッチンに設置するためのコンパクトなダイニングテーブルです。天板は730mm×730mm。ブラウンのウレタン塗装がなされたフィンランドバーチ材を使用し、脚は高さ730mmで、スチールに淡いグリーンの焼き付け塗装をしています。また脚はステンレス製のアジャスターにより高さの微調整が可能となっています。ここに座ってたたずむのも非常に気持ちがよいです。

kgr :: TVキャビネット

居間の役割を果たす6帖の和室で、液晶テレビを設置するためのTVボードです。高さは360mm。材質はフィンランドバーチでブラウンのウレタン塗装を施し、写真でわかる通り、縦方向と横方向に仕切りが設けられています。このうち横方向の仕切りはダボにより可動させることが可能です。液晶テレビを設置した際の縦のラインが非常に美しく整っています。

ysk :: ワークデスク

書斎として使用する北側の6帖和室に設置された、PowerBookで書き物を行う際に利用するためのワークデスクです。これも天板にはフィンランドバーチを材として使用し、透明のラッカー仕上げが施されています。脚はステンレスのヘアライン仕上げで、後方に見える棚はプリンタを設置するために設計されているものです。寸法は幅800mm×奥行き650mm×高さ780mm。すでに数時間をこのデスクの前で過ごしていますが、非常に気持ち良くキーボードを叩き続けることができています。

tomi :: ブックシェルフ

多数のCDや、大判の図集を含めた書籍を収めるためのブックシェルフ。4点の家具の中でも特にお気に入りの逸品です。高さは1860mm。やはりフィンランドバーチ材を使用し、色はワークデスクよりも若干濃くなっていますが、木目が非常に美しく出ています。棚はダボにより25mm間隔で可動させることが可能です。早速書籍を搬入、蔵書がすっきりと収納できました。

作品情報

これら家具の情報は、鈴木茂雄さんのWebサイトの中でも美しい写真を含めて公開されています。

□ Photo

Ts Room Furniture1 ←1.   Ts Room Furniture2 ←2.   Ts Room Furniture3 ←3.  
■1. ダイニングテーブル。(拡大)
■2. TVキャビネット。(拡大)
■3. ワークデスク。(拡大)

Ts Room Furniture4 ←4.  
■4. ブックシェルフ。(拡大)

所在地:千葉県習志野市
用途:家具(ダイニングレーブル、TVキャビネット、ワークデスク、ブックシェルフ)
設計:鈴木茂雄/studio sync
制作:株式会社ユーリカ