Architecture. Music Trip Architecture Blog

■ 光の教会 (日本キリスト教団 茨木春日丘教会)

□ Impression

JR茨木駅からバスで10分ほど行った閑静な住宅街の中に佇む教会で、その設計を安藤忠雄さんが行ったことで有名です。

教会堂に一歩足を踏み入れると、光の十字架が切り取る強烈な光と影の対比に、強く心を奪われます。シンプルなコンクリートの箱の壁を単に十字形にくり抜いただけなのに、この空間が見るものの気持ちをとらえて離さないのはなぜなのでしょうか?もしかすると、そこが純粋に祈りを捧げるための場であるからかも知れません。隣接する教会学校も、教会堂とは異なる光の使い方がなされていて、とても気持ちがいいですね。

□ Photo

hikarinokyokai1 ←1.   hikarinokyokai2 ←2.   hikarinokyokai3 ←3.  
■1. 十字架から光差す、教会ホール内部。(拡大)
■2. 床板のオイルステンは信者の方々が手作業で塗り込めたもの。(拡大)
■3. 壁のすき間から広場を臨む。(拡大)

hikarinokyokai4 ←4.   hikarinokyokai5 ←5.  
■4. 教会学校に差し込む光の陰影。(拡大)
■5. アプローチ。シンプルに掲げられた十字架。(拡大)

見学日:2002-07-21

所在地:大阪府茨木市北春日丘
用途:教会
構造:鉄筋コンクリート造、壁式構造
設計:安藤忠雄
茨木春日丘教会Webサイト